Sponsored Link



旅のテクニック 旅の話

海外旅行保険を無料にする裏技【期間も無期限!?】

思いっきりブレーキ踏んだ後に、ウインカー点ける人きらい。

みなさんこんにちは、あらおです。

長期間海外に行きたい。

でも海外旅行保険にお金をかけたくない。

でもクレジットカード付帯の保険は3ヶ月しか使えないし。。。

そんなわがままな要望の解決策を紹介します。

結論からいうと、

クレジットカードを複数枚持つこと。

ただし、条件があるので最後まで読んでくださいね!

また、カード会社によって詳細が異なるので、

ご自身でも責任を持って、再度調べていただくようお願いします。

クレカ付帯の保険は、大きく分けて2種類ある。

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は、大きく分けて2種類にあります。

それが、「自動付帯」と「利用付帯」。

この付帯の種類が、今回紹介する裏技に関わってくるので理解しておきましょう。

自動付帯

自動付帯とは、文字通り「自動で付帯される」もの。

つまり、自動付帯のクレジットカードを所持しているだけで保険に加入していることになります。

カード会社によって異る場合もありますが、そのカードを旅行先に携行していなくても使用可能です。

よく海外に行く人は、海外旅行保険が自動付帯されるクレジットカードを1枚は持っておいたほうが良いでしょう。

参考までに私は、JALカードを持っています。

オススメのクレジットカードは後ほど紹介しますが、その前に利用付帯について説明します。

利用付帯

利用付帯とは、「ある条件を満たしたことによって付帯される」もの。

今回の裏技は、この「利用付帯」がポイントになってきます。

ただしこの利用付帯の条件もカード会社によって異なります。

楽天カードの場合:

・自宅から空港までの公共交通機関の代金の一部もしくは全部

・航空券の一部もしくは全部

・海外ツアー

の支払いを、楽天カードでしている必要があります。

この場合、日本を出国してから約3ヶ月間になります。

ただし、カードの種類によって条件がことなるため、別のパターンも紹介したいと思います。

※下記1~3のいずれかを満たした場合、補償適用となる保険金額です。
1.日本出国前に航空機、電車、船舶、タクシー、バスといった公共交通乗用具(※1)の利用代金を当該カードでクレジット決済した(※3)場合
2.日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行(※2)の旅行代金を当該カードでクレジット決済した(※3)場合
3.日本出国後に公共交通乗用具(※1)の利用代金をはじめて当該カードでクレジット決済した(※3)場合
1日本国内においては、航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどを、海外においては、これに準じる乗用具をいいます。(当該旅行のために乗用するものに限ります)
2旅行会社が、旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地および日程、旅行者が提供を受けることができる運送または宿泊のサービスの内容ならびに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行(旅行業法第12条の3の規定に基づく標準旅行業約款募集型企画旅行契約の部第2条第1項に規定するもの)をいいます。詳しくは旅行代理店にご確認ください。
3当該カードにてクレジット決済いただく金額に定めはございません。全部または一部でもカード利用条件を満たします。
補償対象期間について
自動付帯分については、旅行開始期間から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象となります。カード利用条件付帯分については、旅行開始前にカード利用条件を満たした場合、旅行開始期間から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間となります。出国後に初めてカード利用条件を満たした場合、カード利用条件を満たした時点から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間となります。

参考:https://www.smbc-card.com/

1番と2番に記載されている内容は楽天カードと同じです。

楽天カードと異なっているのが、3番に記載されている

「日本出国後に公共交通乗用具の利用代金をはじめて当該カードでクレジット決済した場合」

その場合の補償対象期間は、

「カード利用条件を満たした時点から3ヶ月間かつ旅行期間中」になります。

カンのいい方はもう裏技の方法をわかったのではないでしょうか?

海外旅行保険を無料にする裏技

海外旅行保険を無料にする裏技は、利用付帯の条件を

出国した3ヶ月後に条件を満たすようにすればいいのです。

つまり、出発した当日から適応されるカードを1枚所持。

約3ヶ月後にその保険が適応されなくなるので、そのタイミングで利用付帯の条件を満たす。

これにより、そこから約3ヶ月保険が延長されたことになります。

つまり理論上、カードの枚数×3ヶ月の間、保険を加入している状態を作れます。

ちなみに、クレジットカードを12枚保持している人に出会ったことあります。笑笑

エジプトで出会ったその人は、最後に出発してから2年ほど経過していましたが、

クレカ付帯の保険で病院に通っていました。笑

(ちなみに旅歴は10年とかだったと思います。汗汗)

理論上なんでも保険利用可能ということの証明になるかと思います。

注意点を繰り返しますが、補償対象期間には条件があるため、ご自身でカード会社に確認しましょう。

オススメのクレジットカード

海外旅行保険を無料にする裏技を紹介しましたが、結局のところどのカード持てばいいの?

という方もいるかと思うので、軽く紹介しておきます。

楽天プレミアムカード

国内外問わず、よく旅行や出張に行く人にオススメしたいのが、「楽天プレミアムカード」

海外旅行保険は自動付帯+利用条件を満たすとで補償額がアップされます。

年会費は税込み11,000円と割高ですが、中身の魅力が物凄い。

色々な魅力はありますが、圧倒的な理由として

世界146カ国1300ヵ所以上の空港ラウンジを無料で使えることができます。

世界一周の際、このカードを持っていかなかったのが本当に後悔です。(空港泊することも多かったので)

楽天プレミアムカードの詳しい情報はこちら

ただし、学生や20歳未満は申請が通らない可能性が高いです。

三井住友booking.comカード

これまた自動付帯になってしまいますが、旅行先を快適にしてくれるカードになっています。

具体的には、以下の通り。

(1)年会費が永年無料

(2)入会だけで「Booking.Genius」会員にアップグレード。

宿泊代金10%OFF、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクなどのサービスが無料で受けられます。

(3)キャッシュバックで最大6%還元。

(4)「Rentalcars.com」でのレンタカー予約が8%OFF。

(5)最大2,500万円の旅行傷害保険も付帯。

年会費無料 Booking.comカード の詳細はこちら

三井住友カード

三井住友カードの魅力は、なんといっても「利用付帯」の条件。

海外に3ヶ月以上滞在する方で、海外旅行保険に加入したくないかたにオススメします!

ただ、「デビュープラス」に関しては海外旅行保険が付帯されていないようなので要注意です。

三井住友カードの登録はこちらから

三井住友カードのような条件の利用付帯のカードは少なく探すのが難しいです。

そのあたりはまた、情報が入り次第更新していきたいと思います!

ちなみに、一時帰国すれば、また条件がリセットされて保険が適応されます。

私の個人的な意見ですが、海外旅行保険にかかるお金を抑えて一時帰国してもよいかと思います。

それでは、次の記事で会いましょう。

See you...

Sponsored Link



-旅のテクニック, 旅の話
-, , , , ,