Sponsored Link



旅の話

インスタグラムで、人気投稿に表示されない!?シャドウバンとは。

インスタグラム

いわゆる、シャドウバンにあいました。

みなさんこんにちは、あらおです。

今回は、インスタグラムのシャドウバンについて書いていきます。

シャドウバンとは

頭を抱えている男性

先日インスタを使っていて、ある違和感を覚えました。

それは、ハッシュタグが反映されないということです。

簡単にいうと、「トップ投稿」にも「最近の投稿」にも表示されなくなりました。

シャドーバンとは、インスタグラムの使用自体はできるものの、制限がかかる状態をいいます。

私は旅の記録アカウントを持っていて、人気投稿に上がるようにある程度考えてハッシュタグを付けています。

それに加え、「travel」「arao」「the world」を組み合わせた、「travel around the world」風のハッシュタグ、

「travelaraotheworld」を必ず付けているのですが、それすらも反映されませんでした。

「俺しか使っていないハッシュタグなのにおかしいな」と思いネットで調べてみると、

シャドウバンということが判明しました。

私が経験したシャドウバンは、以下の通りです。

第一段階:ハッシュタグが人気投稿にも、最近の投稿にも反映されない。

第二段階:ハッシュダグが最近の投稿には反映されるが、人気投稿には反映されない。

いずれの段階でも、ハッシュタグが反映されない以外の機能は問題なく使えました。

シャドーバンになる理由としては、インスタの規約に違反したことが原因であると考えられますが、そのルールは明確ではありません。

インスタグラムの規約

他人へのなりすましや不正確な情報の提供は禁止されています。
Instagramでは、利用者ご自身の身元を開示していただく必要はありませんが、弊社に対しては、正確かつ最新の情報(登録情報を含む)を提供していただく必要があります。他人へのなりすましは禁止します。また、本人から明示的な許可を得ない限り、他の人のアカウントを作成することはできません。
不正な、誤解を招くおそれのある、または詐欺的な行為を行うことや、違法または不正な目的で何らかの行為を行うことは禁止されています。
利用者は、この規約や弊社のポリシーに違反したり、他人に違反を奨励したりしてはなりません。具体的には、Instagramコミュニティ規定Instagramプラットフォームポリシー音楽ガイドラインなどの規約やポリシーを指しています。 行為やコンテンツに関して報告を行う場合は、弊社のヘルプセンターをご覧ください。
意図されたサービスの運用に支障をきたす行為や、これを損なう行為は禁止されています。
不正な方法を用いて、アカウントの作成、情報へのアクセス、または情報の取得を試みることは禁止されています。
これには、弊社から明示的な許可を得ることなく、自動化された手段を用いてアカウントを作成したり、情報を取得したりする行為が含まれます。
ご自身のアカウント(ユーザーネームを含む)の一部分の購入、販売または譲渡を試みること、また他のユーザーのログイン認証もしくはバッジの募集、取得または使用を試みることは禁止されています。
個人情報や秘密情報を投稿したり、知的財産などの他者の権利を侵害したりする行為は、禁止されています。
ご自身の知的財産権が侵害されていると疑われるコンテンツについて報告する場合、詳しくはこちらをご覧ください。
弊社から事前に書面による許可を得ることなく、ドメイン名やURLを自分のユーザーネームに使用することは、禁止されています。

引用:https://www.facebook.com/

規約は大まかなことしか書いていないので、もう少し細かく解説していきます。

シャドウバンになる理由

クエスチョンマーク

可能性のある行為は以下の通り。

・ポルノ

・フォロワーを増やすためのアプリを使っている

・不審な動きが多く見られる(大量にフォローして大量に外すなど)

・いいねをしまくる

・プロフィールにあるURLを変更する

私自身がシャドーバンをされた心当たりはいくつかあります。

・フォロワーを増やすために大量にいいねやフォローをしたこと。

・プロフィールに載せてあるURLの変更したこと。

・アップした写真がポルノ写真と判断されたこと。

いいねやフォロワーを大量にすると規約違反に触れるということは、知っていました。

そのため、1日の上限を200いいね、フォロー100人ほどで抑えていました。

URLに関しては、インスタ側が掲載欄を設けているため、可能性は低いと思います。

私のシャドウバンに関して可能性が高いのが、アップした写真がポルノ写真と判断されたことです。

ムルシ族というアフリカ民族の写真を載せた際、女性が上裸でした。

民族の写真、つまり伝統的な文化なので本来は対象外のはずですが、機械的に判断された可能性もあります。

実際に、別のアカウントにアップした際警告されました。(再アップしたら問題なしでした)

そのため、ポルノ写真と判断された可能性が高いのではないかと思います。

シャドウバンの直し方

修理道具

シャドウバンの直し方はいくつかあるので紹介していきます。

私が実際に試して効果がなかったものもありますが、場合によって可能性はあります。

インスタグラム側に問い合わせてみる。

これは3回試みたのですが、いずれも返信はありませんでした。

インスタグラムは月間アクティブユーザー数が10億をこえる超巨大SNSなので期待はしていませんでした。

返信がないのも無理はないですが、それなら規約を明確にしてほしいものです。

ビジネスアカウントから通常アカウントに戻す

ビジネスアカウントを利用している方限定の方法です。

この方法も実際に試してみましたが、特に変化はありませんでした。

ビジネスアカウントはインサイトなどがみれますが、ビジネスアカウントに変更後アップロードしたものしか見れません。

つまり、一度通常アカウントに戻すと、それ以前に投稿したインサイトなどは見れなくなるので注意が必要です。

48時間ログアウトする

正直、ログアウトすること自体に効果があるかはわかりません。

しかし、ログアウトすることで起こり得る規約違反の0にできるというメリットがあります。

私の場合、ログアウトと同時に次の方法を試しました。

2週間過ぎるのを待つ

結局のところ、規約を守り、時を待つのが最も有力であると考えらます。

私自身、毎日投稿を継続した状態で2週間ほど経過しても、状態は変わりませんでした。

そしてシャドウバンになって3週間ほどで、「最近の投稿」には表示されるようになりました。

それから数日間更新しない日が続いた後、人気投稿にも表示されるようになりました。

なので私の結論としては、「ログアウトして放置する」が最も有効な手段です。

規約が曖昧なだけに断言はできませんが、色々と試してみてください。

運営側が言いたいことは、小技使わずに、いい写真をたくさん撮れってことですね。

そんなわけで、いい写真を撮るコツをまとめた記事も用意しました。

【初心者必見】簡単に写真がうまくなるテクニック7選。

シャドウバンされた私のインスタグラムアカウントはこちらです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

See you...

Sponsored Link



-旅の話
-, , , , ,