記事上

Sponsored Link



雑記

Instagremに載せるほどでもない日常を

スタバを愛して止まないやつ、他におしゃれな場所知らないし、コーヒーの味もそんなにわからない。

※偏見です

みなさんこんにちは、あらおです。

今日の一言挨拶、かなり敵を増やしてしまう気がして怖いです。笑

あくまでネタで言っているので、怒らないでね。笑

Instagremのための生きるのもいいけど、もっと日常を大切にしようという話です。

普段意識していないけど、よくよく注意してみたら結構新しい発見があったりとか。

思うのが、Instagremなんかのストーリーに上げている瞬間って、意外と楽しんでなかったりするんだよね。

本当に楽しい瞬間って、写真撮るのも忘れるくらい夢中になっていたりだとか。

あと、Instegramに載せるほどでもない、ありきたりな日常が幸せだったりすると思うんですよ。

念の為言っておくと、私も結構Instagremは更新するし、否定する気は一切ありません。

ただ、もう少し日常の何気ない瞬間に目を向けると人生が豊かになると思います。

高校の時、中年太りのきったない顔した生物の先生に言われたことがあります。

「お前らは学校に綺麗な花が咲いていても気づかない。同じ道でも、意識して目を向けながら歩いている人と、何も意識せずにただ歩いている人では気づきが違う」と。

きったない顔して綺麗な花とか言うなよ。とは思いましたが、その話はかなり納得しました。

みんなから嫌われている先生でしたが、とても頭がよく私は結構好きな先生でした。

そんなことはどうでもいいのですが、そういう風に日常に意識を向けてみると、新しい発見があると思います。

中学生になると、小学生の頃はよかったという。

高校生になると、中学生の頃はよかったという。

大学生になると、高校生の頃はよかったという。

社会人になると、学生の頃はよかったという。

みたいなことを言われたりしますが、これも日常を無意識に過ごしていたからではないでしょうか。

逆に意識して日常を過ごしていたら、その瞬間をもっと楽しめることが多いと思います。

私は特別なことがあったわけでなくても、「ああ、なんて幸せなんだろう」と思うことかなり頻繁にあります。笑

Instaguamに載せるほどでもない日常に、少し意識して目をむけてみましょう。

無意識でいると、なにかしら見逃していることが多いということに気がつくと思います。

例えば、お家や会社など、毎日上る階段の段数ですらもほとんどの人が答えられないでしょう。

無意識って、結構いい加減なんですよ。

この記事だってほら、Instagramのスペルが間違っていることに、気が付かなかったでしょ?

See you...

記事下

Sponsored Link



-雑記

Copyright© あらおの、あらおによる、あらおのためのブログ , 2020 All Rights Reserved.